バイオハザード好きおっさんのオススメゲーム

バイオハザード好きのおっさんがおススメしたいゲームやアイテムを書いていくブログ



PR


【レビュー】PS4 MGSV(5)TPP 序盤プレイしての評価 「ストレスのなさ」が中毒度を上げる!




PR




f:id:shibadog55:20150909061157j:plain

 

 発売日から少し遅れて入手したPS4版MGSV(5):TPP/メタルギアソリッド5 ザ・ファントムペイン

 

今回は最序盤のみプレイしてのファーストインプレッションを書いていきます。

というか正直このレビュー書く時間があったらMGSやりたいと思うほどの面白さです!

 

 

PS4版MGSTPPの圧倒的なクオリティの高さにため息が漏れる

 

f:id:shibadog55:20150909061828j:plain

 

 ツイッターでテンションの高いツイートをしている最近のバイオっさん。

それくらいにMGSVの出来がいいのです!

 

ちなみにバイオっさんはMGSのナンバリングシリーズをすべてプレイしていますが評価は以下の通り。

 

MGS1 → 超面白い

MGS2 → 超面白い

MGS3 → ダルい

MGS4 → ダルいしめんどくさいしローディングが長すぎ

 

こんな感じでMGS3以降からはあまりMGSシリーズが好きではありませんでした。

なので今作も正直発売直前まであまり期待していませんでした

 

ですがフタを開けてみればあらまあビックリ!

なんという面白さ!

 

ついつい先が気になって止め時が見つからなくなってしまう中毒度です。

 

まず冒頭からの演出ですでに没頭してしまいますからね。

冒頭は移動や動きにかなり制限がかかり、普通ならば「ムービーを観せられている感」が強くなるところですが今作にはまったくそんな気配は感じられませんでした。

 

魅せ方が上手いのでしょう。グイグイこのゲームに惹きこまれていくのを感じます。

この時点で既に完成度の高さが伺えました。

 

 

f:id:shibadog55:20150909073830j:plain

 

そして冒頭のチュートリアルシナリオが終わると本編スタート。

もう冒頭からその景色に圧倒

なにこれ凄い!!

 

操作もストレスなく行えるし何より自分が「あそこに行きたい!」と思ったところに実際に行くことができるという点はかなり大きい。

 

これだけでもう買ってよかった!と思ってしまいました。

 

そしてシナリオ。

相変わらずやや難解ですが惹きこまれる魅力があります。

ストーリーが気になってまたプレイしたくなってしまいますね。

 

 

PS4版でより大きく感じた「ストレスの無さ」

 

f:id:shibadog55:20150909074533j:plain

 

 

 私が感じたMGS:TPPの魅力はあらゆる面でのストレスの無さです。

 

 まずは行きたいと思った場所に行けること。

世の中けっこうプレーヤーが「あの場所に行きたいけど行けるかなぁ」なんて思っている場所には移動できないものです。

グラフィックがキレイになればなるほどプレーヤーが任意に移動できる範囲というのは限られてきます。

 

しかしこのゲームは違います。

ジャンプこそできないものの殆どの場所に実際に行くことができます。

これは楽しいです。

ハイクオリティなグラフィック、かつオープンワールドという両立の難しい特徴をきちんと実現出来ているのは凄いことだと思います。

 

そして潜入方法を自由に選べること。

MGS3、MGS4は戦闘にリアルさを求めていたような印象があります。

従って敵に見つかったらまず勝てない状況になりがちです。

個人的にはそれがかなりストレスだったわけですが、MGSVでは今のところあまりそういった類のストレスは感じていません。

プレーヤーそれぞれの戦略が許されているゲームシステムに味付けされているなと感じます。

敵に見つかってもこれまでより逃げたり応戦したりして切り抜けやすい気がします。

攻略法を強制されないというのは楽しいものです。

 

そして最も重要なのがローディングのストレスがないこと。

MGSVは美麗なグラフィックに加えオープンワールドならではのマップの広さであるにも関わらずローディングのストレスをほとんど感じません。

これがこのゲームを名作たらしめている一番の要因だと思います。

 

MGS4、ローディング長かったですよね。

ですが今作ではあのような待たされている感は全く起こりません。

リトライ時もローディングはありませんし、ローディングがある場面でも数秒から長くとも10数秒程度しかありません。

このおかげで中毒度が相当跳ね上がっています。

 

ラストオブアスやアンチャーテッドシリーズが名作と呼ばれる大きな要因の一つもローディングへのストレスがないことです。

ローディングがなくなることでプレーヤーが止め時を見つけられなくなるわけですね。

 

ローディングについては我が家のPS4がSSHDに交換してあるため標準搭載のHDDより多少速くなっているのかもしれませんが、いずれにしてもローディングはかなり速い部類です。

 

 

 

このように今作ではプレーヤーが感じる様々なストレスが上手く解消されています。

そして先述したその要因はPS3ではなくやはりPS4でプレイするからこそ最大限に発揮される特徴だと思います。

 

まだ今作を購入していない方、悪いことは言いません。

 

PS4版を購入しましょう!

 

 

 

 

 

最後にオマケ。

 

最初の相棒Dホースは騎乗中に曲乗りして敵の発見を回避できます。

 

 

だからこんな近くにいても「なぜか」みつかりません(笑)。

ダンボール動揺小島監督ならではの遊びが今回も効いていますね。

 

というわけでちょっと復讐の鬼になってくる。

 

 

 

 

 

 


バイオハザード好きおっさんのオススメゲームは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。