読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオハザード好きおっさんのオススメゲーム

バイオハザード好きのおっさんがおススメしたいゲームやアイテムを書いていくブログ



PR


バイオハザードリベレーションズ 3DSとPS3の違いは?オススメはどっち?比較レビュー バイオハザードリベレーションズ2は名作になれるのか その2

バイオっさんのオススメアイテム バイオハザードリベレーションズ2 PS4



PR




 名作だった3DSバイオハザードリベレーションズ、残念な作品となってしまったPS3バイオハザードリベレーションズ

2つの作品の明暗を分けたのは一体なんだったのか。そしてその教訓をリベレーションズ2は活かせるのか。

今回はPS3版バイオリベが凡作になった理由について書いていきます。

 

f:id:shibadog55:20150214183030p:plain

 

3DS版バイオリベが名作となった理由についてはこちらの記事をどうぞ。

 

 

 

PS3版バイオハザードリベレーションズはなぜ凡作なのか

 

f:id:shibadog55:20150214183239j:plain

 

 3DS版発売当時このゲームをアホほどやりこんだバイオっさん。

私の中では「久々の名作バイオハザードが出た!」と思えた作品でした。

 

ですが3DS版をプレイしている当時から思っていた唯一の不満

それは

 

「この名作をもっと大きな画面でやりたかった」

 

ということでした。

 

小さい画面ながら多くのプレーヤーに恐怖と迫力、そしてバイオハザードならではの爽快感を与えてくれたこのバイオリベを大画面でやったらもっと楽しめるのに。

 

しばらく月日が経過してPS3版バイオリベ発売のニュースが!

絶対に楽しめるだろうと思っていたのにいざ発売されてみると多くのレビュアーから「微妙」との評価が・・・。

 

あれ、おかしい。

あんな小さなゲーム機であれだけ面白かったんだから当然大きな画面でやればもっと面白くなるはずなのに。

 

 

私自身は3DS版をやりこんだのでPS3版は購入しませんでした。

しかし発売後しばらくしてからPS3版バイオリベに興味を持っていた友人にこのゲームを薦めたところ「値段も安いし買います」と彼は購入しました。

 

あんなに3DS版が面白かったんだからPS3の大画面でやればもっと面白いはず。

私はそう思っていました。

 

しかし後日彼に感想を聞いてみると

 

「う~ん、微妙。リベレーションズ2は予約しない方向で考えてます。」

 

 なぜ。

私はすごく面白かったのにバイオハザード好きの彼は面白くないという。

 

「試しにちょっと貸してみて。」

 

自分の好きな作品が微妙な評価をされたことに納得のいかなかった私は友人からPS3版バイオリベを借りてしばらくプレイしてみました。

 

そしてわりと早い段階からこのゲームが評価されなかった理由が分かりました。

 

「ああなるほど、確かにこれはダメだな」

 

 

 バイオリベ1は「3DS用の」ゲームである

 

 3DS版バイオリベは携帯機なのにそれを感じさせない迫力、クオリティだったことが高く評価されたと私は思います。

 

しかしその携帯機に合わせた高いクオリティがPS3版では逆に仇になってしまったのでしょう。

 

 

3DSバイオリベを開発するにあたり、開発スタッフはかなり気を使ったと言います。

それは照準の合わせ方に始まり字幕やストーリー展開まで多岐に渡ります。

 

画面の小さい携帯機でストレスなくゲームをプレイしてもらうため、それに合わせた照準の合わせ方を採用。

 

画面が小さいと字幕の文字が小さくなってしまう。

それをカバーするため大胆にも日本語吹き替えを標準で採用。

 

また日本語吹き替えを踏まえた上で海外ドラマ風のストーリー展開という小気味よいテンポのストーリー展開を取り入れるなど、携帯機のスペックをうまく補いつつ逆にそれを逆手に取るような味付けが行われています。

 

 PS3版に合わせ見直された主な要素は画像の高画質化画面情報の拡大でしょうか。

 

画像は確かに綺麗になった気がします。ただこれは3DS版も全く引けを取らないクオリティでしたのであまり気になりませんでした。

 

残念だったのは画面情報の拡大でしょう。

PS3版では画面の大型化に合わせ背景部分をより多く見せるようになりました

 

f:id:shibadog55:20150218074753p:plain

画像はカプコン公式より

 

これがいけなかった。

単純に照準が合わせにくいんです。

 

3DS版では照準が合わせやすかったのに下手になったのかなと最初は思っていたのですが、どうやら背景バランスが変わって照準を動かせる範囲が大きくなってしまったため逆に照準が合わせにくくなってしまったようです。

FPSやTPSゲームにおいて照準を合わせにくいというのは致命的な欠点ですよね。

 

それに全体的に迫力がなく、ゲームをプレイしていてもやや熱中できない自分がいました。

ここにもPS3版で手を加えた画面情報の拡大が悪影響を与えている気がします。

敵が小さく見えるんですね。

そのせいで迫力が出なかったのだと思います。

 

ストーリー自体はやはり素晴らしいのにそういったゲームシステムの小さな違いがPS3版バイオリべ1を残念な出来にしてしまったようです。

 

 

PS3版の感想は「3DS版を薄ーく伸ばしたら味も薄くなって美味しくなくなった」です

3DS版特有のライトな感覚というのが据え置き機においてはマイナスに働いてしまいました。

やはり一度ヒットした作品もプラットフォームを変えたら失敗することがあるのでしょう。

 

 

友人にPS3版を薦めた私は彼の評価がイマイチだったことに罪悪感を覚えるとともに

「これはバイオリベの本当の魅力が出ていないだけなんだ。誤解しないで欲しい!。」

と思いました。

 

 

バイオハザードリベレーションズ2は成功するのか

 

 これまでの記事で書いた内容を踏まえ、次回は「バイオハザードリベレーションズ2は名作になれるのか」について書きます。

 

もうすぐダウンロード版バイオリベ2のエピソード1が配信開始となります。

ストーリーの繋がりはないですが、バイオリベ1を未プレイの方はぜひ3DS版を購入して遊んでみてください。

リベレーションズのゲームとしての面白さを体験できるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 


バイオハザード好きおっさんのオススメゲームは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。